リリジャス・テクノロジー・センター リリジャス・テクノロジー・センター
ダイアネティックスとサイエントロジーの登録商標の所有者
はじめに
サイエントロジー宗教
サイエントロジーの将来を保証する
リリジャス・テクノロジー・センター役員会会長デビッド・ミスキャベッジ
RTCにレポートを送る
RTC に関すること
連絡先

その経歴を通じて、ミスキャベッジ氏はこの宗教を広め、保護するために休むことなく働きました。1980年代前半に、彼は教会の法人組織と管理機構の再組織化を指導しました。それはこの宗教の新時代、そして継続的な成長と安定性の時代の到来を告げるものでした。1993年には、ミスキャベッジ氏は、サイエントロジー宗教と米国の国税局との40年にわたる戦いに終止符を打つ助力となりました。彼は同様に、アメリカ合衆国とその他の国で、裁判や政府関係機関との過去の紛争に終止符を打ち、平和をもたらすことに効果的な役割を果たしました。

彼は20年にわたりサイエントロジー宗教の世界的な指導者という役割を担い、その間に教会は世界的な運動として前代未聞の拡張を経験しました。それは164ヵ国、7,500以上の教会、ミッション、そしてセンターに反映されています。それは少なからず、L. ロン ハバードの遺産の純粋さと統一性を保つための、彼の衰えを知らない献身によるものです。

ミスキャベッジ氏はサイエントロジーのスポークスマンではありませんが、宗教との関係においてメディアにしばしば取り上げられます。1992年に彼は、90分というまれにみる長さで、「ナイトライン」という番組の中でテッド・コッペルからインタビューを受け、その番組はエミー賞を受賞しました。
1年後、ミスキャベッジ氏は、ホワイトハウスのローズガーデンで開かれた宗教の自由会議に参加するためにアメリカ合衆国の大統領によって招待され、選ばれた指導者のひとりとなりました。
過去30年にわたり、彼は国際的なサイエントロジーの式典やイベントで、何十万人ものサイエントロジストとサイエントロジストではない人々にスピーチをしてきました。「サイエントロジーの目標」を推し進めるという彼の展望と献身によって、この教会の歴史上、かつてないほど多くの人々が「完全なる自由へのブリッジ」へと進み、それを上っています。

ミスキャベッジ氏は、すべてのサイエントロジー教会を拡張させ、地域社会にさらに貢献するための世界的なプログラムの立役者となりました。それは、教会があらゆる人に開かれた、正気さと支援の拠点となるだけではありません。文盲、不道徳、薬物濫用、そして不寛容という害悪を根絶するさまざまな社会改善プログラムを推進する、普及の拠点として貢献することです。

この目的のために、ミスキャベッジ氏は自らこれらの新しい教会の創造とオープニングを主導しました。